ザーンカップ(粘度カップ)

ザーンカップとは?
  液体の粘度測定に用いられる簡単な計測器です。
  カップ(容量約43mL)底部にオリフィス(穴)があるステンレス製のカップと長さ約300mm
  の柄で構成されています。

                      
                【定価】 20,500円 (平成21年7月18日改正)

【注意】
  当社では、離合社製ザーンカップを採用しています。
  ザーンカップには、その他にイワタカップ、フォードカップ、タイユーカップなどがありますが
  それぞれカップの容量やオリフィス径が相違しますので同じ粘度の液体を測定してもその
  計測秒数は、相違します。
  粘度のCPSは、粘度単位のセンチポイズです。

    
【ザーンカップの種類】
  ザーンカップには、bQ〜bVの6種類があります。各カップは、オリフィス径が相違します。
  粘度を測定するときに15秒〜60秒の範囲内で使用できるカップを選びます。
  一般的に30秒以内で使用されるのが望ましいです。

ザーンカップ オリフィス径 測定粘度範囲
bQ 2o 1〜30CPS
bR 約3o 20〜150CPS
bS 約4o 80〜500CPS
bT 約5o 170〜900CPS
bU 約6o 400〜2500CPS
bV 約7o 950〜4500CPS

■粘度カップ測定
【測定方法】
  
(1)カップを液体の中に沈めます。
  (2)柄を素早く引き上げて、カップ底部が液面 から離れる瞬間にストップウォッチを始動
     します。
(スタート)
  
(3)カップのオリフィスから液体が流れ落ち始めます。
  
(4)液体がカップ底部のオリフィスから途切れると同時にストップウォッチを停止します。
     
(ストップ)
  (5)この流出秒数を読み取り粘度秒数とします。

   
■粘度換算表
               ★CPS粘度をザーンカップ測定秒数に換算する表★
粘度
(CPS)
離合社製
ザーンカップ(秒)
アネスト岩田製
(イワタカップ)
フォードカップ
bQ bR bS bT bU bV NK−2 bS
溶剤 24.0 10.3 5.7 3.8 2.6 2.0 7.0 11.6
10 26.0 11.1 7.7 12.2
20 28.0 11.5 7.9 12.4
30 30.0 12.0 8.4 12.8
43 33.3 12.9 6.9 4.5 3.0 2.1 9.0 13.4
50 43.1 15.1 7.6 5.2 3.6 2.7 11.0 15.1
60 58.2 18.2 9.0 5.9 4.2 3.2 13.0 16.7
70 76.2 21.3 10.0 6.6 4.5 3.7 15.3 18.5
80 97.4 25.4 11.5 7.3 4.8 4.1 18.8 20.9
96 115 29.0 12.7 7.9 5.2 4.4 21.3 22.8
104 125 31.8 13.9 8.1 5.5 4.6 23.2 24.4
124 36.9 15.3 9.1 5.8 4.9 29.8 33.3
140 42.6 16.5 9.6 6.0 5.0 35.3 37.3
230 61.1 22.0 12.1 7.4 6.1 47.4 48.3
285 78.4 28.8 15.2 8.4 6.8 59.5 58.2
317 93.9 32.5 17.6 9.5 6.9 68.7 64.4
361 104 38.8 19.1 10.0 8.3 74.8 68.3
416 140 49.1 25.2 13.3 8.9 82.0
490 58.7 29.9 16.2 12.0
694 85.0 43.6 25.1 16.6
806 100 51.4 29.2 19.3
931 120 58.6 31.1 25.5
1000 60.0 32.0 26.8
       【注意】グラビア印刷用インキをザーンカップで計測した測定秒数です。
           液体の種類より測定秒数と粘度(CPS)が相違します
   


                           |HOME会社案内新製品製品情報お問い合わせサポートサイトマップ