粘度コントローラー

■機種
  グラビア印刷やラミネートなど標準粘度範囲(30CPS〜100CPS)制御用のVG型シリーズと、
  一般印刷の特別粘度範囲制御用のVA型シリーズがあります。
  また、ポンプ室が本質安全防爆構造で電気室が分離されているVS型シリーズもあります。
  機種の選定は、使用する液体の粘度と液量により選定されます。  詳細は→選定へ


  ★ 新型粘度コントローラー VG型シリーズ 詳細は→VG型へ

用途 グラビア印刷(標準粘度範囲制御用)
型式 VG−10型 VG−15型 VG−20型
粘度表示 ザーンカップ計測秒数
外観
サイズ
(突起物を含まず)
260×230×670 260×230×720 260×230×720
粘度制御範囲 標準粘度30〜100CPS・ザーンカップbR:13秒〜30秒
循環量 3.9L/分 8.8L/分 19L/分
エアー消費量 40L/分 90L/分 160L/分
消費電力 40W
溶剤タンク容量 ポリエチレン5L ポリリエチレン10L ポリリエチレン10L
定価 44万円 49.5万円 70万円


用途 一般印刷(特別粘度範囲制御用)
型式 VA−03型 VA−10型 VS−10型
粘度表示 ザーンカップ計測秒数または、ポンプの1分間あたりの脈動数
外観
サイズ 260×230×610
(突起物を含まず)
260×230×705
(突起物を含まず)
(電気室)300×340×170
(ポンプ室)380×370×550
粘度制御範囲 L超低粘度5〜30CPS、F低中粘度50〜200CPS
M中粘度100〜300CPS、H高粘度300〜100CPS
循環量 0.8L/分 3.9L/分 3.9L/分
エアー消費量 10L/分 40L/分 40L/分
消費電力 47W 40W
溶剤タンク容量 ポリリエチレン3L ステンレス8L ステンレス8L
定価 61万円 52万円 81万円

サイズは、幅ミリ×奥ミリ×高ミリの寸法です。
エアー供給量は、エアー消費量の1.5倍を供給してください。


■VR型シリーズとVRU型シリーズ
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・下記の説明は、VR型シーズ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  <粘度コントローラーのデータをパソコンへ送信できるデータ通信機能を装備>


   @送信するデータは、PV測定値(測定粘度値)、SV設定値(設定粘度値)、
     ALM粘度警報設定値(警報範囲値)、 液温度値(℃)、溶剤供給回数、
    粘度上下限警報回数、脈動数(ポンプの1分間あたりの脈拍数)です。
   A送信データは、5分間隔に粘度コントローラーからパソコンへ自動送信され履歴を
    記録します。
   B専用ソフトによりパソコン(別途必要)で最大10ユニットの24時間データを同時に
    記録可能です。
     (接続ケーブル長さ最大100m)
                                             詳細を見る→


       
            【VR型シリーズ】             【VRU型シリーズ】


                           |HOME会社案内新製品製品情報お問い合わせサポートサイトマップ